びわ湖大花火大会の動画をYouTubeにアップしました

動画花火大会の最後の10数分間を編集して4分余りにまとめました。音声はフィナーレの最後だけ再生した以外はBGMを下記のサイトよりお借りして流しています。軽快なボサノバ調のJAZZで、花火に合う曲だと思います。

フリーBGM・音楽素材 MusMus  http://musmus.main.jp/



ブログランキングに参加しています。気に入って頂ければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

テーマ : 花火
ジャンル : 写真

tag : 動画 花火 琵琶湖 YouTube ボサノバ

びわ湖大花火大会2017 その2

花火の観覧(撮影)場所は一にも二にも場所選び。お金出して有料席を予約するか、炎天下の下で場所を確保し、長時間待機するかのいずれかになると思います。後者は熱中症が心配だし、一人の場合だと暑さを凌ぐために長く席を離れるのも不安です。三脚だけ置いて少しの時間だけなら良いのですが、長い時間離れて戻ってみたら人が増えて三脚が倒れていたなんてことになりかねません。その程度ならまだしもガラの悪そうな連中に席を取られていたら最悪です。
近くに建物や木陰があればそこから三脚を見張りながら待機するという手もなくはありませんが条件が厳しくトイレもなるべく近くでなければならない・・・・等、気楽な一人見物とはいきません。花火好きの人間がまわりにいないので誘う相手もいません。
今回の場所は一人の心配も混雑も皆無であるのですが、会場から遠いのと写真を見てわかるように右側(西側)の花火の打ち上げ場所やその水面付近が木立等に隠れてしまう点が気にならなければお薦めの場所です。
最寄り駅は京阪電鉄石山坂本線南滋賀駅で徒歩約15分弱。湖西線だと大津京か唐崎(唐崎が気持ち近いかな?)になりますが、南滋賀駅よりも距離は倍ありそうです。京都方面からだと湖西線で大津京駅で降りて徒歩約3分の京阪石山坂本線皇子山駅まで歩いて乗り換えます。ここまで書けば地元の人でなくても、南滋賀駅、花火大会、穴場をキーワードにネットを調べるとわかると思います。
湖西線は京都駅が始発なので前の電車が出て間がなければ座れます。湖西線利用の花火客は琵琶湖線よりもかなり少ないので帰りの大津京駅は入場制限もなくスムーズに電車に乗れ、混雑も少なくこれまでの大津駅や膳所駅からの帰りの大変さと比較すると快適と言えるほど楽でした。ただし行きも帰りも信号待ちとかして遅れがちなので普段の所要時間は全く当てにはなりませんでした。もしかしたら湖西線よりも琵琶湖線が優先されて動いているのかも知れません。あくまで想像ですが。
駅から遠く車が必要な穴場はいくつかありますが、電車を使って無理なく楽に見られる穴場としては貴重なので参考になれば幸いです。
今回は前半は写真を撮り、後半は4K動画を撮りました。動画編集が終わればユーチューブにアップする予定ですが、4KではなくフルHDの予定です。その時はまたお知らせします。

G8P1090405-lr_r2.jpg
1.  ちょっと不気味

G8P1090423-lr_r2.jpg
2.  ちょっと失敗

続きを読む

テーマ : 花火
ジャンル : 写真

tag : 花火 大津 G8 花火大会 夏の風物詩

びわ湖大花火大会2017 その1

台風5号の影響で順延も頭をよぎりましたが琵琶湖の花火大会は予定通り無事に開催されました。
今回はいつもの浜大津側は行きも帰りも混雑と暑さで大変なので、楽に行って楽に帰れる穴場(?)の一つを初めて選択。当然、楽して見るには欠点が付き物なのは承知の上。まずは打ち上げ場所から遠い。これは仕方ありません。しかし最大の欠点は名物の水中花火が楽しめないんです。実は左右ある打ち上げ場所の右側一帯の水面が突き出た陸と木立で隠れ、水中花火はその右側(浜大津側から見れば左側)から湖面に打ち上げられるので、当然花火の上の方しか見えないという残念なロケーションなのです。その為左側から打ち上げられた花火がメインになり、右側の花火を切り捨てるトリミングも多くなりました。(汗)
今回は遅い時間からの出動でしたが花火大会の影響(臨時列車が多く出ても、乗り降りに時間がかかって列車がつかえるのだと思う)か湖西線が信号待ちやノロノロ運転で遅れ、現地に到着したのが午後7時を過ぎていました。それでも一人分、見るだけなら二人分のスペースはどうにかなるようでした。駐車場がなく、電車や車で来る人よりも徒歩や自転車で来る地元の人がほとんど、ただし屋台は出るという、そんな場所でした。おそらく穴場としてはよく知られているのかも知れません。

G8P1090378-lr_r2.jpg
1.  台風が去って東の空に浮かぶ月が綺麗な夜。

G8P1090385-lr_r2.jpg
2.  オープニングの花火は見せ場。露出オーバーだったかも?

続きを読む

テーマ : 花火
ジャンル : 写真

tag : 花火 大津 滋賀 花火大会 夏の風物詩

6日、7日の愛宕山方面の空

ノロノロ台風5号は四国をかすめ和歌山県に上陸し、近畿地方を北東方向へ横断中。各地で大を降らせているようで、京都は現在台風の中心地が最も近くなる時間帯を抜け、風は治まってきています。ただは一時より弱くなっていますが断続的に降り続いているので今後の河川の状況が気にかかるところです。
昨日、一昨日、愛宕山方面を撮りました。昨日は夕焼けが綺麗でした。

IMKP3075-lr_r2.jpg
1.  5日はお昼過ぎから不安定なお天気に。は少しだけでしたが、愛宕山方面は土砂降り?
    夕方は雷がありました。

IMKP3082_r2.jpg
2.  6日も雷がありましたが、回復するとご覧の通りの夕焼け

IMKP3085_r2.jpg
3.

台風5号は名古屋に接近しながら日本を縦断するそうですが、進路に当たる地域の方はくれぐれも台風情報に注意してください。

 PENTAX KP + DA55-300mm F4-5.8ED PLM

ブログランキングに参加しています。気に入って頂ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

 

続きを読む

テーマ : 夜景・夕景
ジャンル : 写真

tag : 夕焼け 愛宕山 夕空

パリ・マグナム写真展と京都文化博物館

パリ・マグナム写真展を見に京都文化博物館へ。
パリ・マグナムとは1947年にロバート・キャパらによって「写真家自身によってその権利と自由を守り、主張すること」を目的に結成された写真家集団で、今も地球規模で新しい写真表現を発信し続けているそうです。
ロバート・キャパしか知りませんが、他にアンリ・カルティア=プレッソン、エリオット・アーウイット、デビッド・シーモアらの撮ったパリの写真130点が展示されていました。
印象に残ったのは戦時下や戦後の荒廃したパリ、68年の社会運動‐五月革命等といった激動の時代を写し撮ったドキュメント写真でした。ドキュメント写真以外でも好き嫌いは別にして、被写体の捉え方、構図といった写真技法に感心しながら見ていました。ついでに博物館別館や三条通新京極通をスナップしてから帰宅。

paris_magnum_r2.jpg

1.  写真の撮影は禁止なので写真展のパンフを。クリストファー・アンダーソン撮影(2003年)
   バイクからの撮影? ローマの休日ならぬパリの休日っぽい。ロモフィルムっぽい写りの
   せいかパリの現在と過去の風景が重なるような印象で、バイクの二人を影にしたアイデ
   アがより印象を高めていますね。
   
GX7P1190417-lr_r2.jpg
2.  京都文化博物館別館(旧日本銀行京都支店)

続きを読む

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

tag : レトロ建築 近代建築 三条通 新京極 写真展

祇園祭2017宵山のYoutube動画をUPしました。

動画とスライドで、祇園祭の前祭と後祭を4分余りでまとめました。後祭の動画は鷹山のお囃子1シーンだけです。




ブログランキングに参加しています。気に入って頂ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 祇園祭 宵山 動画 ユーチューブ

プロフィール

京あられ

Author:京あられ
生まれも育ちも京都の生粋の京都人
趣味は写真

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク