愛宕山冠雪

28日は早朝に京都市内でも北部を中心にがちらつく寒さで、北部の山地は積愛宕山は翌日の朝も残っていました。

0PKS22872-lr_r2.jpg
  12月29日 7:40頃  900 x 480

 PENTAX K-S2 + DA55-300mm F4-5.8ED

ブログランキングに参加しています。気に入って頂ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : 冠雪 愛宕山 京都

最後の紅葉-糺の森-

紅葉シーズン最後の締めは糺の森にて、と言う事で旧三井家下鴨別邸を出てから、参道でもあり景観問題で話題になったマンション建設現場を通り抜け・・・・・

PKS22784-lr_r.jpg 1.  マンション建設現場は奥の細道でした。ここを抜けると道路のすぐ向こうに糺の森
    広がります。

PKS22789-lr_r2.jpg
2.  おそらく見頃ピークか近い感じですが・・・・・ 

続きを読む

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

tag : 紅葉 糺の森 下鴨神社

旧三井家下鴨別邸

10月より一般公開された旧三井家下鴨別邸へ。望楼等にも上がれる紅葉期限定の特別公開期間は過ぎていたので(12月9日当日)1階のみの見学です。
下鴨神社の南、糺の森の南側、家庭裁判所に隣接する三井家の別邸は第10代三井八郎右衛門によって大正14年に建築。昭和24年に国に移譲され昭和26年に京都家庭裁判所の所長宿舎として平成19年まで使用されました。京都御苑の西にある旧有栖川邸(本ブログ記事参照)の青門はこの三井家の門を移築したものだそうです。
一度特別公開期間中に門の前を通りましたが、人が多く入場制限で待たされそうなのでスルーし、後日糺の森の紅葉を撮りに行ったこの日に入りました。後に特別公開期間中は1時間待ちとか階上からの撮影禁止だった事を知り、避けて正解でした。NHKドラマ「あさが来た」のあさの実家として脚光を浴びただけに人気でしたが、来年以降はどうでしょうか・・・・・?

PKS22712_r.jpg
1.  途中、京都御苑に立ち寄りました。

PKS22722-lr_r2.jpg
2.  京都御苑では落葉が目立ってきましたがまだ頑張っています。  825 x 550  

続きを読む

テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

tag : 楼閣 紅葉 下鴨 三井家 日本庭園 日本家屋

ロームイルミネーション2016

新たにパナのミラーレスカメラDMC-G8を買ったので初撮りに出かけました。
クリスマスと言えばイルミ。京都冬の恒例イベントとなっているロームのイルミネーションですが、毎年同じパターンで見慣れているので、カメラのクロスフィルター効果や加工を試しました。

P1050007_r.jpg
1.  GX7でも使ったことがないカメラのクロスフィルター効果を使用。設定が悪いの
   か上半分しか効果が出ていないし、光源が多すぎると目立たないようです。

P1050015-go_r.jpg 2.  合成  825 x 550

続きを読む

テーマ : イルミネーション
ジャンル : 写真

tag : イルミネーション ライトアップ クリスマスイベント 冬のイベント G8

龍安寺の紅葉

龍安寺(りょうあんじ)と言えば石庭。今でこそ龍安寺の石庭は1975年に来日したエリザベス女王が絶賛したことで一躍有名になったのですが、その昔は石庭よりも鏡容池のほうが有名だったそうです。
石庭の写真は次回以降にします。実は龍安寺の石庭はいつ頃、誰が作った事すら謎で、多くの説はあるもののわからない事だらけと言います。今「龍安寺石庭を推理する」(宮元健次・著)という本を拾い読みしていますが、ネットで少し調べたいと思っています。その前にまだ紅葉の写真が残っているのと、11月に行った東福寺関連の石庭を先に紹介して最後に龍安寺石庭という予定です。そんな訳で今回は紅葉の写真が中心です。
行った時(12月7日)は見頃終盤。山門から続く紅葉の並木はすっかり散っていましたが、黄色い葉が主であるものの奥に行くほどまだ残っていました。龍安寺紅葉は比較的遅い方なのですが、山門付近や鏡容池東側は早く見頃になるので場所により差があるようです。

P1180480-lr_r.jpg
1.  山門の手前、きぬかけの道をはさんで南側にある小さな門。  

P1180484-lr_r.jpg
2.  鏡容池紅葉はもう終わり?

続きを読む

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

tag : 龍安寺 紅葉 鏡容池

ホームページ更新情報 Vol.1

本日よりホームページ「kyouararePHOTO」更新情報を不定期にお伝えします。
出来れば更新がある度にお伝えするようにしたいと思っていますが、どうなることやら・・・・
今回に限り10月以降の6回の更新分を全てまとめています。

以下は初めて当ホームページを閲覧される方だけお読みください。
スライドショー(手動)でも閲覧出来ます。
画像はほとんどブログの写真と同じ場所で撮った別の写真です。画像のサイズは以前はブログと同じ(基本720 x 480前後)でしたが、例外を除いて最近の物は825 x 550です。これまでも900 x 600等の大き目サイズをたまにアップすることもありましたが、数を増やしていこうかと思っています。
掲示板やメールリンクはありませんので、感想等は当ブログの関連する記事のコメント記入欄をご利用ください。

12月15日更新 最新!
sum16_5.jpg

11月30日更新
sum16_4.jpg

続きを読む

テーマ : 画像のサムネイル
ジャンル : 写真

tag : 写真 サムネイル 更新情報

紅葉とメタセコイア@京都府立植物園

今月3日に植物園に行きました。だんだん花も少なくなるのですが、樹々は紅葉し、来る冬の準備をしていました。この日はメインのの他にメタセコイア紅葉も撮ってみました。
植物園紅葉は終盤を迎えていましたが、この日は夕陽の逆光にも映えていっそう鮮やかでした。

P1180321-lr_r.jpg
 1.  陽射しに輝くメタセコイア

P1180323-lr_r.jpg
 2.

続きを読む

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

tag : メタセコイア コダチダリア 水鳥 植物園 紅葉

西本願寺の銀杏

市内の銀杏の葉はもうほとんど散りましたが11月23日夕方の西本願寺です。

P1170969-lr_r.jpg
1.

P1170971-lr_r.jpg
2.

続きを読む

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : イチョウ 西本願寺

宝厳院・獅子吼の庭ライトアップ

宝筐院を出てから清凉寺の前に止めていた自転車で宝厳院へ。ライトアップ前は門が閉められていて、10分前頃に着いたらすでに拝観待ちの長い列がありました。
宝筐院は6日前に天龍寺に行ったついでに見頃始めであるのを見届けていました。しかし残念ながらその時よりも色あせているように感じ短いタイミングのように思いました。ただ昼間とライトアップとでは見え方も違うし、嵐山、天龍寺もそうなのですが同じ場所でもばらつきが多く、全体的にタイミングが難しかったのが今年の印象です。
それから2日前に糺の森の状況を見てきましたが見頃でした。まだ数日間は見頃かと思いますが、色づきは昨年の12月のピークの頃に及びませんが、今後の変化が気になる所です。
ブログの方は、すでに12月も中頃に突入し一段と寒くなりましたが未だにちまちまと11月の紅葉をアップしています。まだ5か所程の紅葉をブログにアップしなくてはならないので、ホームページの更新は大幅に遅れそうです。ブログ1本なら楽なのですが、例えれば自由な設計が出来る自宅(ホームページ)とメインの仕事場に使っている賃貸マンション(ブログ)の両方を持っているような感覚が気に入っているのかも知れません。変ですか?

PKS22517-lr_r2.jpg
1.  ほぼ枯葉ですがライトアップだと、これもあり(?)  825 x 550

PKS22520-lr_r.jpg
2.  右上の枝が気になるので少し立ち位置を考えれば良かった・・・・・

続きを読む

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

tag : ライトアップ 宝厳院 晩秋 紅葉 K-S2

嵯峨・宝筐院の紅葉

宝筐院は何年ぶりだろう? 20年以上? 昭和時代だったかも・・・・・?
まあ、そんな遠い記憶なんで、まるで初めて来たかのような感覚です。すぐ近くの清凉寺や厭離庵は何度か訪れているのに、何故宝筐院に入らなかったのか?それは、入り口にある「撮影目的の拝観お断り、大型・中型カメラ、三脚の持ち込み禁止」の掲示文に気兼ねしていたからです。いつからそうなったのかはわかりませんが、随分前からなので三脚禁止をどこよりも早く実施した寺院ではないでしょうか。まあ、ある程度気が済んだのでしばらくはここ宝筐院の撮影は遠慮しときます。
ところで、カメラを持たない人の中には「風景を目や心に焼き付けるから写真は撮らない」と言う人がいます。それ程感動する光景にお目に掛かった事は稀です。気になった光景や風景のほとんどはいずれ日常の忙しさや時間の経過で忘れてしまうのが普通。人間の記憶って、そんなに確かな物とは思えません。天性の才能で写真のように記憶する達人がおられるようですが、まあ我々凡人は無理です。
しかし凡人は写真に撮って残す事で、撮った場所の記憶を確かめたり、楽しい思い出が蘇ったりする事があります。そう思うと特に旅行で持っていかないのは、とても勿体ないです。本当に記憶って曖昧ですから。若い頃はカメラを持って行ってもフィルムが勿体ないと極力撮影しなかった物ですが、その頃の記憶が曖昧になってくると、もっと写真撮っていれば・・・・と思います。今の若い人は安く手軽に写真が撮れるので羨ましい限り。我々フィルム世代の人間は、思うように撮れなかった若い頃のフラストレーションを今になって発散するかのようにパシャパシャ撮っています。(^-^;

PKS22299-lr_r2.jpg
1.  清凉寺(嵯峨釈迦堂)  825 x 550

PKS22301-lr_r.jpg
2.  清凉寺庫裏

続きを読む

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

tag : 嵯峨 嵐山 紅葉 晩秋 K-S2

プロフィール

京あられ

Author:京あられ
生まれも育ちも京都の生粋の京都人
趣味は写真

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク