2015年等持院の紅葉 2

京都市内の紅葉は今見頃が多いようなのですが、どこもパッとしない色づきが多い上に枯葉や落葉が多いという残念な状況のようです。等持院もその例外ではなかったのですが、いつも鮮やかに色づく木はそれなりにきれいでした。それだけは救いです。
このところ一転して急に寒くなってきたので、遅い紅葉に期待したいところですが、紅葉に必要な陽の光が当たらない日が続いているのが気にかかります。
ここ等持院は戦前、マキノ省三によって映画の撮影所になった時代があって、1933年迄参道入り口の山門を入った西側にステージ、倉庫、俳優部屋、事務所がありロケ地としてよく使われたそうです。山内墓地の前にマキノ省三の石像が置かれています。

PKS11772-lr_r.jpg 1.

PKS11777-lr_r.jpg 2.

PKS11778-lr_r.jpg 3.

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 紅葉の写真
ジャンル : 写真

tag : 紅葉 達磨大師 石庭 マキノ省三

2015年等持院の紅葉 1

今年の京都市内の紅葉は例年にない悪い状況だと言います。では実際どうなんだろう?
そう思って連休初日、比較的人が少なくて行きやすい(足を捻挫しているもんで)等持院に行ってみました。
等持院は足利氏の菩提所で、霊光院には歴代将軍13人と徳川家康の木像が安置されなかなかの見応えです。庭園は夢窓国師の作。趣の異なる二つの池(心字池と芙蓉池)を巡るにはお寺で用意されたサンダルを使うことになります。具合悪い足に脱げやすいサンダルは勘弁したいけど仕方ありません。
紅葉のほうは11月が暖かかった事もあり、あまり良くありません。鮮やかな楓も数本ありますが、枯れて縮んだ葉や茶色い落葉、緑の葉も多くばらつきが目立ちます。見頃なのかどうかの判断も難しい状況です。

PKS11703-lr_r.jpg 1.     中門。実はの鬼瓦が乗っています。

PKS11706-lr_r.jpg 2.     門を入った前庭で出迎えるのは、そのの鬼瓦。

PKS11708-lr_r.jpg 3.     もう一体の。こちらは長年使われていた痕がありありと窺えます。

続きを読む

テーマ : 紅葉の写真
ジャンル : 写真

tag : 紅葉 夢窓国師 足利氏 日本庭園 方丈

過去の高雄の紅葉

今年は洛西の高雄に行ったものの今一つで、おまけに神護寺に行けなかったのは誤算でした。
その代わりと言っては何ですが、過去の高雄の写真をアップします。
先ずは10年前にフィルム一眼レフカメラで撮ったものです。

05takao07-lr_r.jpg 1.     西明寺本堂前の紅葉

05takao12-lr_r.jpg 2.     神護寺

05takao15-lr_r.jpg 3.     神護寺

続きを読む

テーマ : 紅葉の写真
ジャンル : 写真

tag : 高雄 神護寺 西明寺 槇尾

公園の桜

捻挫で足を痛めているので近所の買い物ぐらいしか行けませんが、チャリンコで丹波口駅近くの光徳公園へ。ここで冬桜を見てから、すぐ南隣のスーパーマツモトで買い物という手筈。でも歩くと足が痛く、買い物袋が重く感じる。回復までまだまだなあ・・・・・

P1120272-lr_r.jpg 1.     公園内ではこの時期に桜が咲いています。      

P1120265-lr_r.jpg
2.     八重なので十月桜(?)

P1120271-lr_r.jpg 3.     公園のカエデ

 Panasonic DMC-GX7 + G VARIO 14-45mm F3.5-5.6

ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ : お散歩カメラ
ジャンル : 写真

tag : 十月桜 冬桜

高雄、西明寺の紅葉

京都では一番紅葉が早いと言われる高雄へ行きました。
とりあえず槇尾西明寺へ。空海の弟子智泉が天長年間の832年に創建した真言宗のお寺です。現在の伽藍は桂昌院の寄進により再建されました。
山門右横の紅葉が一番赤く色づいていましたが、他は見頃過ぎの感じでした。ここを見た限り、ここより上にある神護寺もあまり期待出来そうにありません。1週間程前に見頃になっという情報だったのですが、思ったより進行が早かったようです。今が見ごろだと思える紅葉は少なく、散り紅葉が多いかと思えばまだ緑もあって、どうもばらつきが目立ちます。

PKS11593-lr_r.jpg
1.     山門右横の真っ赤な紅葉

PKS11597-lr_r.jpg 2.
     
PKS11603-lr_r.jpg 3.     本堂前の紅葉は散り始めていました。

続きを読む

テーマ : 紅葉の写真
ジャンル : 写真

tag : 紅葉 西明寺 清滝川 槇尾

超広角レンズで見る伏見稲荷大社 2

ところであの鳥居の数は何本あるのでしょう?
千本鳥居と言いますが、千本鳥居は奥社参拝所に向かう鳥居の密集している部分の事を言い、実際には800本以上あるようです。では一の鳥居から稲荷山頂上までの間にどれだけの鳥居があるのでしょうか?
あるサイトでお山を7時間かけて巡り歩きカウントするという、まことにご苦労様な試みをした若者達がいて、それによれば3300本余りあったようです。人がくぐれない大きさの鳥居は計算に入れていないとのことです。参道の脇道にある鳥居も含めているので、実際にお山巡りでくぐる数は3000本ないかも知れませんが、それでも凄い数です。
時間の都合で四ツ辻から先は断念して、左手にある荒神ヶ峯方面への石段を上がります。そのすぐ左には東福寺方面に抜ける道があり、京都一周トレイル東山ルートになっています。実は伏見稲荷が東山ルートの起点で、四ツ辻までの参道がそのルートの一部なのです。
石段を真っすぐ上り田中社のある荒神ヶ峯へ。

P1120159-lr_r.jpg 1.     荒神ヶ峯の田中社周辺には多くのが集まっています。このの奥の奥、裏手の道からも京都市街
      が見晴らせる場所がありますが写真を撮るのを忘れました。ひどい逆光だったので時間を早めて
      次の機会に撮りたいと思っています。ここはルートからもはずれているのでほとんど人がおらず穴
      場です。

P1120172-lr_r.jpg
 2.     下りの鳥居の左側は会社名や個人名が書かれているので撮影は遠慮気味。

続きを読む

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

tag : 千本鳥居 神社 狛蛙 伏見稲荷

超広角レンズで見る伏見稲荷大社 1

日本の観光地で最も外国人観光客に人気が高いのが、ここ伏見稲荷大社だそうです。ちなみに2位が広島原平和記念資料館、3位は宮島の厳島神社、以下東大寺、禅林寺永観堂と続く。やはり日本的なものに惹かれるようです。
他国の人から見れば、あのおびただしい数の鳥居が並ぶ異様な光景は壮観で日本的に見えるのでしょう。確かに見慣れた京都人の私でさえ、お山巡りに行くたびに迫力と不思議な気分を感じます。
そんな伏見稲荷大社を超広角ズームレンズ一本だけで撮影。予想以上に超広角レンズで撮るのにふさわしい被写体が伏見稲荷大社に溢れている事を確かめることが出来ました。

P1120083-lr_r.jpg 1.     京阪電車伏見稲荷

P1120085-lr_r.jpg 2.     参道商店街から見たJR(下の地図参照)

P1120157r.jpg
3.     四ツ辻にあった案内図。数字は茶店で地図の下に店の名前があるのですが省略。
      今回は奥社経由で四ツ辻周辺までしか行っていません。帰りは三ツ辻から産場稲荷
      経由で裏参道から抜け2時間余りかかりました。11年前に山頂まで行って四ツ辻から
      産場稲荷経由で戻っきた時間とほぼ同じ。今回は15分程度の寄り道と写真撮影に時
      間をかけた分もありますが、それでも脚の衰えは大きく、山頂目指す脚力は今は怪しい
      ものです。なにしろ1周4km、石段の数は1000段以上(?)・・・・
      四ツ辻からは道が三つに分かれていますが、内2本は山頂への分岐道で循環してい
      るだけなので、いずれも四ツ辻に戻ってきます。今回は四ツ辻のすぐ左にある荒神峯
      に寄り道してから山を下りました。
                 

続きを読む

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

tag : 千本鳥居 神社 伏見稲荷 四ツ辻

京都御苑のにゃんこ

苑内にある宗像神社にいたニャンコたちです。
人慣れしてはいますが、警戒心のある者もいれば、さほどでもないのもいます。

P1120047-lr_r.jpg 1.     前回の最後の写真で登場したニャンコです。目の前で伸びしてるぐらいなので、警戒心は
      あまりなさそうです。今回のメインキャラクターです。

P1120048-lr_r.jpg 2.     のび~のび~

続きを読む

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

tag : ネコ 生け花 野良猫 京都

京都御苑を散歩

このところ寒暖差が著しく衣類を選ぶのも慎重にしないと後で後悔しがちな季節ですが、暖かかったこの日は午後遅くから京都御苑へ。
色づき始めたカエデやイチョウはまだ少ないものの、中にはかなり赤くなった気の早いカエデもありました。

P1110990r.jpg 1.

P1120002-lr_r.jpg 2.     この日見た一番赤い楓

P1120003r.jpg 3.

続きを読む

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

tag : 京都御所 紅葉 サザンカ ハゼノキ

近江八幡、八幡堀周辺をぶらぶら 2

日牟禮八幡宮の近くから八幡山(鶴翼山)に上がるロープウェイがあるのですが、乗っても16:30発の最終便。行ってすぐ戻らなくてはならないのであきらめました。山上には八幡山城跡と京都から移築されたという村雲御所瑞龍寺がありますが、12年前に行った時の印象は薄く、写真もぱっとしないので(汗)、その時山からの眺めを撮った写真を貼っておきます。琵琶湖方面の眺めはあまり良くなかった記憶があります。

oumi_ro-pu01-lr_r.jpg 1.    ロープウェイからは市街が一望。   

oumi_hatiman04-lr_r.jpg 2.     展望台より西の湖と安土町方面。画像中央あたりの山の上に安土城跡があります。

bo-rizu01-lr_r.jpg 3.     これも12年前の時の写真で、ヴォーリズが後半生を過ごした邸宅です。
      ヴォーリズは全国に数々の名建築を手掛けた事で有名ですが、メンソレータム(現メンターム)
      を普及させた近江兄弟社の創業者で精力的な事業家でした。その事から青い目の近江商人と
      言われることもありました。
      しかし普通の事業家と違って、私欲でなくキリスト信仰に基づいた社会奉仕の精神が根幹。
      「お金は神様からの預かり物」と言って質素倹約生活を貫きました。

続きを読む

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

tag : 滋賀 ヴォーリズ 八幡山 白壁

プロフィール

京あられ

Author:京あられ
生まれも育ちも京都の生粋の京都人
趣味は写真

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク