知恩院から祇園白川へ 2

知恩院へは円山公園側の南門を利用するのが一般的で、出入りもひっきりなしです。それに対し北門は人の出入りが少なく静か。また周辺は楓も多いので晩秋になるとちょっとした紅葉の穴場になります。
知恩院北門からは黒門坂を下り祇園白川方面に向かいました。

P1110418-lr_r.jpg
1.     石垣のある黒門坂。お城のような雰囲気

P1110419-lr_r.jpg 2.     黒門坂を下った所に黒門があり神宮道に出ます。左に行けば三門に戻り、右は
      静連院、平安神宮に行けます。正面の華頂道を行くと知恩院外門のひとつ「古門」
      の門前に流れる白川の柳並木の道に出ます。

P1110423-lr_r.jpg 3.     門前の古門前橋の辺りから見た行者橋と左手の標識左奥に見える古川町商店街
      行者橋は比叡山の千日回峰行を終えた行者(阿闍梨)が山から下りて洛内に入る
      時の最初の橋であるのが名の由来。阿闍梨橋とも言います。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

tag : 祇園 祇園白川 知恩院黒門 辰巳神社 古川町商店街

知恩院から祇園白川へ 1

お盆に知恩院と周辺を散策。四条通りから円山公園の北沿いの道を知恩院に向かい、勢至堂と法然上人廟等を参拝。北門を出てから古川町商店街を通って巽橋のある祇園白川に向かいました。
今までにお盆にこのあたりに来ることは滅多にありませんでした。

P1110381-lr_r.jpg 1.     四条大橋より

P1110382-lr_r.jpg 2.     四条大橋東詰に建つ出雲の阿国(歌舞伎の元となるかぶき踊りの創始者)の像

P1110384-lr_r.jpg 3.     歌舞伎400年の歴史は南座から始まりました・・・・・

続きを読む

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

tag : 祇園 知恩院 寺院 歌舞伎 勢至堂 神社仏閣 GX7

2015びわ湖大花火大会 2

2年前の福知山花火大会の露店爆発事故以来、京都は福知山と宇治の花火大会が昨年に続き今年も中止。その意味では京都に近いびわ湖花火は有難い存在です。
刺激と感動を求めて人は花火を見に行きます。近年は迫力だけでなく色がカラフルで美しく、演出効果に凝った花火もあって昔より楽しくなっています。しかし残念なのはマナー。終わった後の散らかったゴミを見る度にいつも残念に思います。美しい花火に感動する心があればゴミを置き去る気持ちにはなれないはず。ゴミを残す者に花火を見る資格はありません。
今回のびわ湖花火の他の写真をKyouararePHOTOに掲載予定です。併せてご高覧ください。

K5208536-lr_r.jpg
1.

K5208540-lr_r.jpg
2.     カラフル!

K5208546-lr_r.jpg
3.

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : びわ湖花火 大津 滋賀 花火大会

2015びわ湖大花火大会 1

夏は花火を撮らないと物足りないので、今年は4年振りにびわ湖花火大会に行ってきました。
ただ着いたのが遅かったので良い場所がなく、2か所の打ち上げ台のうちメインの大津港側は撮影場所から遠く、しかもほとんど横から見る形となり、花火の広がりや立体感は望めませんでした。

K5208409-lr_r.jpg 1.     北の空に入道雲

K5208428r.jpg 2.     打ち上げ方向の空と比叡山のシルエット

K5208438-lr_r.jpg 3.     鴨が一羽

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : びわ湖 花火大会 大津

夏の植物園ぶらぶら

猛暑が続き、出かけるのが億劫になって最近はほとんど撮っていません。それでもびわ湖の花火だけは逃しませんでした。
花火の写真は次回あたりという事で、今回は撮り溜めていた7月の植物園の写真がまだ残っているのでピックアップしてみます。

K5207968-lr_r.jpg 1.     オオシオカラトンボの雄です。シオカラトンボとの違いは体色の水色がやや濃く、胴が
      太く、翅の付け根の部分が黒いところです。他には尾の黒い部分は短いです。

K5208002-lr_r.jpg 2.   
     
K5208015-lr_r.jpg 3.     京野菜の賀茂なす。このように丸い形ですが、猛暑続きの影響でデコボコになったのも多く、
      栽培農家が困っているとテレビで言っていました。

続きを読む

テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

tag : イトトンボ ベニイトトンボ ウケユリ サクユリ ベニスジヤマユリ オニユリ 京野菜

8月9日は長崎原爆の日

広島に原子爆弾が投下されたのは?と聞かれて8月6日とすぐに答えられる人は多いと思うのですが、では長崎は?と聞かれて即答出来る人は国民の何割だろうか?
今日は7万人以上の犠牲者を出したその長崎原爆の日。原爆70年の節目ということで、原爆、平和とは何だろうかと考えてみました。
写真は11年前の長崎に行った時の物です。

inori_r.jpg
    平和公園の「平和を祈る子」

nagasaki_siryoukan_.jpg
   原爆資料館の入り口通路(上の写真)と衝撃で破壊した鉄骨の展示物

世界的には核弾頭の数は減ってはいるものの核爆弾の開発は命中率や効率を高める為に今も進められているといいます。更に小型化によって拡散しテロリストの手に渡る危険性さえあるからより恐ろしい訳です。北朝鮮の核開発やロケット開発も脅威です。
しかし、このような世界情勢の懸念や不安があるからと言って、国民や野党の反対意見を考慮せず、納得出来る説明がないまま集団的自衛権の強化を図った安保法案を強行採決した政府に不信感を持つのは当然でしょう。
日本が国際貢献という美名の下に集団的自衛権行使を可能にしたことはアメリカにとって都合はいいはず。アメリカは自衛隊を自分たちの都合の良いように利用する事も可能だし、それで国際貢献と言われれば日本政府はアメリカに何も言えないのでは? 

日本が戦後70年間続いた平和は戦争の苦しみと痛切な反省によってもたらされた平和と民主主義の基本理念に基づく平和憲法のお蔭。その憲法を軽視して捻じ曲げてまで戦争を可能にする安倍政権は、悲惨な戦争を忘れ、原爆の日の平和の誓いを軽く思っているように思えてなりません。国を憂い国防を重要視することは大事だけれども、進んで戦争に行ったり、巻き込まれる法案を作る事では決してないはず。国際貢献を言うなら日本のマスコミが国際貢献を報道しなかっただけで、世界から見て日本は国際貢献度が非常に高い国であると評価されています。
日本人の自国への評価が世界一低いのには先のマスコミの報道の他に理由があると考えます。
向上心が世界のどこよりも高く勤勉である日本人は、日本の技術力や良さに満足することなく、常に望みが高いから結果的に日本に対して厳しい評価を下すのだと考えることが出来ます。決して自国を蔑んでいる訳ではありません。むしろ自分に対して厳しく向上心が高い日本人の美徳が、そのまま自国に対しての評価にも反映されているように思えるのです。この国も政治もだめだ、日本人はだめだと言いながら、心の中ではこの国を愛しているのが日本人なのです。

ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : 長崎 原爆 憲法 安倍政権 安保

蚕の社と蛇塚古墳

太秦映画村のある太秦に通称・蚕の社(かいこのやしろ)こと木嶋神社があります。正式名は木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)です。
蚕の社は本殿の東側にある蚕(かいこ)を祀る神社のことで、飛鳥時代より太秦周辺に住んでいた渡来人秦氏が養蚕や機織りの技術を伝えた事に由来します。
ところでこの木嶋神社には天保2年に再興されたという珍しい三本柱の鳥居があるのですが、何の目的で三本柱の鳥居、三柱鳥居が建てられたのか今も謎です。このことも追っていきたいと思います。

P1100038-lr_r.jpg 1.

P1100041_r.jpg
2.

P1100077-lr_r.jpg 3.

続きを読む

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 前方後円古墳 渡来人 秦氏 蚕の社 稲荷神社

プロフィール

京あられ

Author:京あられ
生まれも育ちも京都の生粋の京都人
趣味は写真

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク