知恩院 - 勢至堂

祇園と言えば八坂神社ですが奥の円山公園のすぐ北にある知恩院は浄土宗の総本山。前回の祇園から今回はその知恩院に行きました。
毎年正月や1月中に初参りに行くようにしていますが今年は遅れて2月になってしまいました。雪景色の知恩院は初めてでした。

K5106257lr-r.jpg

K5106260pdc_r.jpg
 円山公園の北側の道。知恩院まであと僅か。

K5106265lr-r.jpg
 知恩院三門(国宝)。三門正面に続く男坂の石段は急な上に雪で滑りやすいので通行止めでした。三門南側の女坂
 から参拝します。
  画像をクリックで拡大

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 神社仏閣 知恩院 法然上人 勢至堂 三門

鴨川~建仁寺~祇園

**鴨川**

全国的に雪が降り、中でも関東地方等広い範囲で大雪だったこの日の京都は積雪4センチとごく普通でした。ただ天気が悪く寒かったせいで出かけた午後もあまり解けずに残っていました。
京阪で清水五条駅で降ります。ここから清水までかなり距離があってしかも上り坂なので今回はパスです。
とりあえず鴨川沿いから宮川筋に向かい建仁寺、祇園へ。

K5106180lr-r.jpg
 午後は雪がみぞれに変わりました。お天気が悪い時は防塵防滴のK-5、レンズは簡易防滴のDA18-55mmWRが無難。
 個体的なものかも知れませんがこのレンズは色収差が出やすいので最近はあまり持ち出さないのですが、軽量、コン
 パクトなので雨用には最適です。

K5106185lr-r.jpg
 クリックで拡大します。

K5106186lr-r.jpg

続きを読む

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

tag : 京都 鴨川 神社仏閣 建仁寺 祇園

今朝の愛宕山

14日の関東地方は大雪でしたが、京都市内は4センチ程度積もっただけでした。愛宕山もうっすらと積もっているのが確認されましたが今日16日朝の愛宕山のほうが雪が積もっているように思いました。今朝と14日の愛宕山の写真をアップしてみましたがいかがでしょうか?
ただ今朝は晴れ、14日は曇りだったので見た目の印象はあまり当てにならないかも知れません。

K5106330lr-r.jpg
 今朝(16日)の愛宕山(自宅から)麓や市街地は全く雪はありません。
 画像のクリックで少し拡大します。

K5106289lr-r.jpg
 14日の愛宕山方面(東山知恩院からの眺め)トリミングあり
 市街地も愛宕山も積雪量に大きな変わりがないように見えるのは気のせいかな・・・・


 PENTAX K-5 + DA18-135mm F3.5-5.6 DC WR / DA18-55mm F3.5-5.6WR

にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

tag : 愛宕山 京都の山

武信稲荷神社

前回の京都文化博物館がある三条通りをずっと西に行くと堀川通りで三条会商店街に入ります。この商店街の中程にある西友を越えた次の道を左に曲がると武信稲荷神社(たけのぶいなりじんじゃ)があります。
平安時代初期に右大臣左近衛大将藤原良相により創祀され、必勝、名付けの神様として信仰されています。
このあたりは平安時代は大内裏に近く都の中心地でもあったので官庁や貴族の邸宅があった場所でした。藤原良相は医療施設の延命院と学問所を創設し、その守護神として神社を祀りました。後に藤原武信という人が厚く信仰し神社の発揚に努められたので武信稲荷神社と称するようになりました。
この神社で有名なのが樹齢800年以上の榎の御神木。弁財天が宿るとされ、その生命力から健康長寿の信仰が厚く、また榎は「縁の木(えんのき)」と読まれることから縁結びの神様として知られ、また坂本竜馬の有名な逸話が残されています。
江戸時代、神社のすぐ南には幕府直轄の六角獄舎という牢獄がありました。龍馬は当時命を狙われ追われている身。勤王派を支援した理由で収監されているおりょう(竜馬の恋人)の父の面会の時におりょうが立ち寄るだろうと考え、榎の木に龍の文字を残し京都に無事いることを密かに伝えました。この榎の御神木のおかげで後に再会し結ばれることが出来たと伝えられています。

P1010179lr-r.jpg

P1010180lr-r.jpg

P1010181lr-r.jpg

続きを読む

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 神社仏閣 坂本龍馬 稲荷神社 六角獄舎

京都文化博物館 (2)

明治時代後期に建てられ、旧日本銀行京都支店の当時の姿をそのまま残す京都文化博物館別館。
前回は外観やホール内カウンターの外側(客溜り)からの写真でしたが、今回はカウンターの内側と中庭から見た別館の写真です。

P1010256lr-r.jpg
 本館に向かう通路の東側はアートギャラリーや和小物の店等が入っています。銀行時代は所長室や応接間等があり
 ました。窓の向こうは三条通り。

P1010254lr-r.jpg
 これ何だろう?ドアのストッパー?

P1010259lr-r.jpg
 旧館の裏には中庭があり、北側の本館と連絡しています。

P1010263lr-r.jpg
 本館から見た中庭。

P1010218lr-r.jpg
 中庭から見上げた旧館の搭屋

続きを読む

テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

tag : レトロ建築 赤レンガ 三条通 博物館 京都

京都文化博物館別館 (1)

最後は京都文化博物館別館です。
明治時代後期に銀行やオフィスが三条通のこの辺りに建ち並び京都経済の中心地だった頃の姿を最も象徴する建物です。
明治39年に日本銀行京都出張所(5年後に京都支店)として建てられました。
銀行が昭和40年に河原町通二条に移転した後は平安博物館として開業し、昭和44年に重要文化財に指定。昭和61年に京都府に寄贈され修理・復元されて博物館別館として公開されました。。

P1010135lr-r.jpg


P1010137lr-r.jpg

P1010212lr-r.jpg

P1010168lr-r.jpg
 自由に入館できます。

P1010165lr-r.jpg
 玄関には風除室があり、正面はすりガラス窓のある壁で両サイドに出入口用の扉があります。

続きを読む

テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

tag : レトロ建築 赤レンガ 三条通 博物館 京都

中京郵便局(旧京都郵便局)

**中京郵便局(旧京都郵便局)**

京都文化博物館に寄る前に同じ三条通のご近所でもある中京郵便局(旧京都郵便局)でちょこっと撮影。
六角堂→中京郵便局→京都文化博物館の流れはこの辺りの街巡りの定番みたいものなので一応はずせません。
京都で最初の郵便局、と言うよりも日本に郵便制度が発足した当初(明治4年)に設立された西京(さいきょう)郵便役所を前身とする日本で最も古い郵便局の一つです。
建物は明治35年建築のルネッサンス様式。昭和48年に改築の為に全面取り壊し計画が発表されると全国から反対の声が上がりました。解体か保存かの選択が迫られる中、外壁を残し内部を新築するファサード保存が全国に先駆けて実施されました。
ただこのファサード保存も神戸の神戸地方裁判所や海岸ビルのように内部に大きなビルを建てると違和感があるものです。→ラストの画像参照

P1010207lr-r.jpg

P1010208lr-r.jpg

P1010209lr-r.jpg

P1010210lr-r.jpg


IMGK3737r.jpg

 同じファサード保存でも古い建物の上に乗っているような
 外観に違和感がなくもない神戸の海岸ビル。



テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : レトロ建築 赤レンガ ルネサンス様式

六角堂

**六角堂**

本願寺伝道院の次は六角堂に訪れました。
六角堂は通称で正式の呼び名は頂法寺。西国三十三所第十八番札所です。
創建は頂法寺縁起によれば飛鳥時代となっていますが文献や発掘調査により十世紀後半頃(Wikipediaより)と考えられています。
また京都市内のど真ん中にあるので京都のへそと言われています。そのへそ石(旧本堂の礎石と伝わる)があるのですがすっかり忘れていて後になって気がつきました。(ガッカリ)

P1010093lr-r.jpg


P1010094lr-r.jpg
  千社札が扉以外のいたるところに。

P1010095lr-r.jpg

P1010101lr-r.jpg
  燭台、ケースも六角形!

続きを読む

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 神社仏閣 京都 六角堂

西本願寺、本願寺伝道院

比較的暖かった週末、自転車で市内を散策しました。
西本願寺、本願寺伝道院、六角堂、京都文化博物館を巡ってきました。

**西本願寺**

西本願寺阿弥陀堂門  西本願寺阿弥陀堂門

西本願寺阿弥陀堂  阿弥陀堂

西本願寺御影堂  御影堂

続きを読む

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : 京都 神社仏閣 レトロ建築 西本願寺

プロフィール

京あられ

Author:京あられ
生まれも育ちも京都の生粋の京都人
趣味は写真

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク