豊郷小学校旧校舎

豊郷小学校についてはご存知の人が多いと思うので多くは省きますが、旧校舎は明治時代に建てた木造校舎の老朽化にあたり、卒業生でもあった丸紅の専務取締役の古川鉄治郎氏が私財を投じて1937年に新築した物。設計はヴォーリズ(ウィリアム・メレル・ヴォーリズ)設計事務所。贅を尽くした立派な校舎は以前の町長が老朽化を理由に取り壊しを表明すると反対運動が起こり一躍注目され、知られるようになりました。
画像は2年前と今年3月に撮った物が混在しています。

0-P1130248-lr_r2.jpg
1.

0-P1130251-lr_r2.jpg
2.  

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

tag : 豊郷小学校 レトロ建築 滋賀 ウサギとカメ ヴォーリズ建築

京都府庁旧本館と桜 2

続きです。この日は平日だったので人は少なめ。週末を避けたのは館内を撮りたいのが理由でした。
ここ数日季節が逆戻りしたような気温。風邪ひいているせいもあって昨晩は久しぶりに電気ストーブON。あったか~い、ありがた~い
そやけど、のんびり家であったまってる場合やないで。風邪もマシになってきたのでそろそろ撮影に出かけんと・・・・・遅咲きの仁和寺御室も散り始めだそうで、やや焦っております。無理のない程度で近場のでも撮りに行こうかな・・・・・

G8-P1130325-lr_r2.jpg
1.  紅八重枝垂れ。もうじき満開

G8-P1130332-lr_r2.jpg
2.  大島(左)

続きを読む

テーマ :
ジャンル : 写真

tag : 京都府庁旧本館 レトロ建築 近代建築 三連窓

京都府庁旧本館と桜 1

明治37年に建てられた京都府庁の旧本館の中庭には7本のがあり、3月24日から4月8日まで観祭の期間中公開されます。
この日は庭の中央に聳える初代祇園枝垂れの孫と言われるの見頃が過ぎていましたが、他のは5分咲きから満開といった具合でした。今年は全体的に開花が早く、ホームページでは4月6日時点で2本の紅枝垂れ以外は全て葉とありました。
今年の市内の桜は異例で平年4月中旬頃が見頃の遅咲き桜がすでに満開や見頃になっているので、ハイペースで追いつきません。しかも風邪で4月2日以降どこにも出かけられない状況が続き最悪。来週はどこも見頃過ぎのような気がするので、当面大人しくすることにします。でも今月初めの写真は残っているので更新は続きます。その気になれば蔵出し桜画像の放出も可能ざんす。
「何々ざんす」「何々ありんす」。この線で行こうかなあ・・・・・?(笑) これからたまに使うかも・・・・・(^-^;

G8-P1130279-lr_r2.jpg
1.  京都府庁の前に神泉苑に寄ります。今回はほとんど超広角ズームで撮っています。

G8-P1130296-lr_r2.jpg
2.  枝垂れ桜をカッコ良く写すには超広角が良いざんす。

続きを読む

テーマ :
ジャンル : 写真

tag : 京都府庁旧本館 ルネサンス様式 近代建築 祇園桜 容保桜

現役私鉄最古の木造駅舎浜寺公園駅が閉鎖

このレトロで愛らしい南海電鉄浜寺公園駅は東京駅を設計した辰野金吾事務所の設計により1907年に建てられました。私鉄では最も古い現役の木造駅舎でしたが、高架化工事に伴い先日1月27日に閉鎖されました。現在は仮駅舎で営業しています。
入り口車寄せの優美な柱や赤いとんがり屋根が印象的で、平成10年に国の有形文化財に指定されました。
残念と言えば残念なのですが、駅舎曳家工法でいったん近くに移動されて地域の為に活用される予定で、2027年の新駅の完成の際に戻されて新駅のエントランスとして再利用するそうです。この姿が今後も残されることが何よりの救いです。

K5103658lr-1r.jpg 1.     2013年5月撮影

K5103659lr-1r.jpg 2.     109年前の駅舎ながら、曳家の移動に耐え得る頑丈さがあるのが凄い。
      木造建築物は修理して使えば鉄筋コンクリートよりも長持ちするのか・・・・・?
 
PENTAX K-5 + DA18-135mm F3.5-5.6ED DC WR

ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。 
にほんブログ村 写真ブログへ


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : レトロ建築 駅舎 南海電鉄 曳家

そして神戸へ 北野町異人館街 (1)

神戸北野異人館街です。3月30日アップの布引の滝からの続きに行きました。桜の季節ということで桜の記事を優先したので1か月遅れの今になりました。
布引の滝から北野(通り)を上って行くと海の見える高台にある北野異人館街に行くことが出来ます。新神戸駅付近からは他に北野浄水場の遊歩道を通って行くルートがあるそうなのですが、またの機会です。そう言えば北野浄水場は今頃ツツジが見頃なので良いかも知れません。(浄水場は行ったことありませんが)
おしゃれでロマンチックなイメージの神戸の街を象徴するかのような北野異人館街ですが、寺社仏閣や町家が並ぶ古風な街並みの京都とは対極にある趣なので新鮮に感じます。
写真が多く連載3回の予定です。後日ホームページにも別画像をアップする予定です。

P1070667-lr_r.jpg
1.     北野通りにある教会

P1070668r.jpg 2.     仏蘭西館(洋館長屋)とベンの館(奥)

P1070674r.jpg 3.     北野通りをはさんで仏蘭西館の向かいにあるラインの館に入ります。
      建物の下見板のラインが美しい事から「ラインの館」と呼ばれています。

続きを読む

テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

tag : 神戸 異人館 北野町 ラインの館 GX7

京都文化博物館 (2)

明治時代後期に建てられ、旧日本銀行京都支店の当時の姿をそのまま残す京都文化博物館別館。
前回は外観やホール内カウンターの外側(客溜り)からの写真でしたが、今回はカウンターの内側と中庭から見た別館の写真です。

P1010256lr-r.jpg
 本館に向かう通路の東側はアートギャラリーや和小物の店等が入っています。銀行時代は所長室や応接間等があり
 ました。窓の向こうは三条通り。

P1010254lr-r.jpg
 これ何だろう?ドアのストッパー?

P1010259lr-r.jpg
 旧館の裏には中庭があり、北側の本館と連絡しています。

P1010263lr-r.jpg
 本館から見た中庭。

P1010218lr-r.jpg
 中庭から見上げた旧館の搭屋

続きを読む

テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

tag : レトロ建築 赤レンガ 三条通 博物館 京都

京都文化博物館別館 (1)

最後は京都文化博物館別館です。
明治時代後期に銀行やオフィスが三条通のこの辺りに建ち並び京都経済の中心地だった頃の姿を最も象徴する建物です。
明治39年に日本銀行京都出張所(5年後に京都支店)として建てられました。
銀行が昭和40年に河原町通二条に移転した後は平安博物館として開業し、昭和44年に重要文化財に指定。昭和61年に京都府に寄贈され修理・復元されて博物館別館として公開されました。。

P1010135lr-r.jpg


P1010137lr-r.jpg

P1010212lr-r.jpg

P1010168lr-r.jpg
 自由に入館できます。

P1010165lr-r.jpg
 玄関には風除室があり、正面はすりガラス窓のある壁で両サイドに出入口用の扉があります。

続きを読む

テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

tag : レトロ建築 赤レンガ 三条通 博物館 京都

中京郵便局(旧京都郵便局)

**中京郵便局(旧京都郵便局)**

京都文化博物館に寄る前に同じ三条通のご近所でもある中京郵便局(旧京都郵便局)でちょこっと撮影。
六角堂→中京郵便局→京都文化博物館の流れはこの辺りの街巡りの定番みたいものなので一応はずせません。
京都で最初の郵便局、と言うよりも日本に郵便制度が発足した当初(明治4年)に設立された西京(さいきょう)郵便役所を前身とする日本で最も古い郵便局の一つです。
建物は明治35年建築のルネッサンス様式。昭和48年に改築の為に全面取り壊し計画が発表されると全国から反対の声が上がりました。解体か保存かの選択が迫られる中、外壁を残し内部を新築するファサード保存が全国に先駆けて実施されました。
ただこのファサード保存も神戸の神戸地方裁判所や海岸ビルのように内部に大きなビルを建てると違和感があるものです。→ラストの画像参照

P1010207lr-r.jpg

P1010208lr-r.jpg

P1010209lr-r.jpg

P1010210lr-r.jpg


IMGK3737r.jpg

 同じファサード保存でも古い建物の上に乗っているような
 外観に違和感がなくもない神戸の海岸ビル。



テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : レトロ建築 赤レンガ ルネサンス様式

プロフィール

京あられ

Author:京あられ
生まれも育ちも京都の生粋の京都人の
京あられ(Twitterではkyon21)です。
京都を中心に写真を撮っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク