東寺の蓮 1

京都のの名所で無料と言えば東寺。無料の所は他にもありますが、堀池にたくさんのが咲いている姿は圧巻で毎年楽しみにしています。
ただし池の周囲の芝と生垣を柵で囲っているので池まで距離があります。膝下までの杭にロープを張っただけの低い柵なのですが、少しでも花を近くから撮ろうと柵を越えて芝の中に入る人をよく見かけます。東寺は花の近くに寄れないので、アップで写すにはスマホは向かないのです。スマホ用の10倍以上の望遠レンズとかあるけれど、望遠レンズなしで撮りたい場合や使わない場合は取り外さなければならないので、レンズ取付の手間を考えるとスマホの気軽さや携帯性を損ね本末転倒ですね。個人的には高倍率コンデジの方が使い勝手が良く綺麗に撮れるし、重量はともかくコンパクトな気がするのですが何故コンデジよりも望遠に不利なスマホが選ばれるのか理解出来ません。かと言って3倍ズームのコンデジでも望遠が足りず不満が出ます。世の中スマホの時代なので、東寺に限らず、立入禁止の柵を越えて撮る人を増やす恐れがあります。
今回は換算90mm以上の望遠ズームを使っています。今回の13枚の画像のうち標準的な3倍ズームで撮れる大きさは3枚だけです。3倍ズームでも足りない理由がおわかりいただけると思います。

G8-P1140415-lr-2_r2.jpg
1.

G8-P1140416-lr_r2.jpg
2.

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

tag : 東寺 ハス

青空戻り、蓮も咲いた

8日は、各地に被害をもたらした豪雨がいったん治まり、京都市内では待望の青空を見ることが出来ました。ただし暑い夏が戻ってきました。今度の連休は気温が半端やないので熱中症に要注意です。
暑い中をチャリンコで相国寺に寄ってから、濁流の鴨川を渡って植物園に向かいました。走行距離は11km程ですが、かなり汗をかきました。園内を撮影しながらうろついているうちに、暑さのせいか少し気分が悪くなってきたので、園内のカフェで1時間弱休んで昼食をとって帰ることにしました。
今、生活用水が使えない被災地では、暑い中の避難生活や電気の来ていない自宅生活で支給された飲料水を節約して使っている方もおられると思うし、また今週からの連休を利用してボランティアで被災地に入られる方もおられると思います。この三連休は猛暑が予想されているので、十分水分を補給して無理のないように気を付けたいものです。
クーラーの節約の為に、この連休はショッピングモール等に避難して過ごそうかな・・・・でも、混んでるだろうな(^-^;

01-G8-P1140308-lr_r2.jpg
1.  相国寺。まだ咲き始めや蕾が多い。

01-G8-P1140316-lr_r2.jpg
2.

続きを読む

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

tag : 相国寺 京都府立植物園 コオニヤンマ ヒマワリ

智積院再訪

紫陽花の時期に続いて、桔梗を目的に再び訪問。しかし枯れた花が目立ち、見頃と言うにはやや遅かったです。
の花も咲き始めていたし、ついでにトンボや枯れかけた紫陽花も撮っておこうか・・・・
先に更新するはずでしたが、大雨の鴨川の状況というニュース性を優先して前記事が先になりました。

01-IMKP7880-lr_r2.jpg
1.  白い桔梗は何故に白い?

01-IMKP7892-lr_r2.jpg
2.  鎌倉時代から家紋にも桔梗は使われています。明智光秀の家紋もそうでした。

続きを読む

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

tag : 桔梗 紫陽花 トンボ 智積院

6月最後の日曜日(京都府立植物園)

まだ紫陽花は咲いていますが、そろそろ撮り飽きた頃に植物園へ。蓮やヒマワリには早いし、昼過ぎ遅くでは睡蓮も閉じてしまい、これと言った植物も時間に余裕がなかったので見逃している可能性大です。
そのままでは写真が少ないので閉園時間後の5時過ぎから夕暮れまでの時間を鴨川でつぶしました。その時間潰しに撮った写真が前回の分です。
今回もそうですが、最近KPで撮る時はシグマの18-200㎜を使う事が増えました。これ1本で標準ズームと中望遠ズームを兼ねているので大抵の被写体が撮れてしまいます。明るいズームレンズ2本なんて重くて高くて買えないので、もっぱら活躍しています。ただし便利だからと言って、安易にズームをグリグリ回して足を使わないような事はしないように気をつけています。それをしたら初心者はいつまでも初心者のまま、ど素人はど素人のままですから・・・・・
このレンズも欠点はありますが、何よりもシグマお得意の簡易マクロが花や昆虫撮影には便利で、写りも悪くないので重宝します。勿論、写りや撮影倍率はマクロ専用レンズにはとても及びませんが、初めての一眼でWズームレンズを買った後、必ず望遠ズームか、または両方が不要になる物なので、始めからこのような便利ズームを買っておく方が長く使えると思うのですが、いかがでしょうか? 

IMKP7664-lr_r2.jpg
1.  ムラサキバレンギク

IMKP7668-lr_r2.jpg
2.  

続きを読む

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ムラサキバレンギク シジュウカラ アジサイ トケイソウ 半夏生 京都府立植物園 マガモ ツリフネソウ

紫陽花と桔梗(智積院)

前回の続きです。智積院紫陽花は品種が少な目ですが数は多いです。もともと寺紋でもある桔梗が咲くお寺としてよく知られていましたが、最近は植樹が増えた紫陽花も知られるようになってきた感があります。桔梗が見頃前の青葉祭(弘法大師空海の生誕日)の時期に合わせ、紫陽花を植えるようになったのでしょうか。

P1200249-lr_r2.jpg
1.

P1200259-lr_r2.jpg
2.

続きを読む

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

tag : 紫陽花 桔梗 智積院 LUMIX

紫陽花(智積院)

先週15日の智積院紫陽花です。雨でしっとりと濡れた紫陽花が楽しめました。他に参道の桔梗も咲き始めていました。
この日は弘法大師空海の生誕日にあたり、智積院ではこれを祝い青葉祭が催されていました。その為、いつもは静かな境内は参拝者やお坊さんの姿がいつもより多く見られ、梅雨空を払うように活気づいていました。

GMP1100358-lr_r2.jpg
1.

GMP1100359-lr_r2.jpg
2.

続きを読む

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

tag : 紫陽花 梅雨 智積院 LUMIX

梅宮大社の紫陽花

前回は花菖蒲でしたが、今回は紫陽花です。
紫陽花が見頃の頃には花菖蒲の見頃が過ぎているものなので、なかなか両方を満足に楽しむのは難しいのですが、それでも同時に楽しめるので一石二鳥(?)です。普通はどちらかが多く、片方が少ないという所が多いのですが、梅宮大社の場合は両方とも数が多く、特に紫陽花の種類が多く、多彩で満足度が高いです。

05-IMKP7418-lr_r2.jpg
1.

05-IMKP7537-lr_r2.jpg
2.

続きを読む

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

tag : 紫陽花 梅宮大社 アナベル 大島緑花

梅宮大社の花菖蒲

杜若の時期に続き先週末に二度目の梅宮大社。東神苑咲耶池花菖蒲は微妙にピークを過ぎていましたが、その2日前の平安神宮よりも萎れた花の割合は少ないのが救いでした。
紫陽花の咲く神苑奥の勾玉池にも花菖蒲が咲いているのですが、そちらは見頃がとうに過ぎていました。紫陽花は次回に。

01-IMKP7432-lr_r2.jpg
1.  咲耶池  

02-IMKP7428-lr_r2.jpg
2.

続きを読む

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

tag : 花菖蒲 咲耶池 梅宮大社 トンボ

初夏の平安神宮神苑

平安神宮神苑の花菖蒲。翌日(8日)は入苑無料の公開日だったのですが、人が多いので敢えて前日にしました。花菖蒲の時期は過去に何度か来ているのですが、例年なら見頃のはずですが萎れた花もやや多く残念でした。
今回は約半年ぶりにPENTAX KS-2を外に持ち出しました。KP購入してからお留守番ばかりでした。

0-PKS24909-lr_r2.jpg
1.  塗り絵? HDR?

0-PKS24917-lr_r2.jpg
2.  昭和30年代頃、お土産屋さんに置かれていた名所の絵はがきが、こんな感じだったような・・・・・
    えらい昔やなあ・・・・・

続きを読む

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

tag : 平安神宮 花菖蒲 池泉回遊式庭園

紫陽花・花菖蒲・笹百合など(植物園)

街角で紫陽花を見かける季節になりましたが、先週末、府立植物園の紫陽花も咲き始め、花菖蒲やササユリが早くも咲いていました。偵察がてら、まだ早いと思っていた花菖蒲も見頃になっていて、相変わらず駆け足で花の季節が移り変わっているようです。
今回は100mmマクロを付けたKPをメインに使用しましたが、前回紹介したGM5(レンズはパナライカの15mm)を初めて外に連れ出しました。普段ズームレンズのみで気軽に撮影することが多いので、単焦点だけだとマクロ撮影の難しさと、GM5の操作にまだ不慣れな事も合わさってスムーズな撮影とは程遠かったです。広角15mmというのも花を撮る焦点距離としてはかなり限りがあるのもあってGM5の写真は少ないです。言うまでもなく花にはマクロか望遠のほうがボケを活かした表現がしやすいので、広角、標準域のレンズが向くGM5ではやや不利とも言えます。ただ物は考えようで、バランス的にレンズが重くなってもその方がホールド性は安定するので所有する12-60mmや軽めの望遠ズームも手振れに気をつければ(GM5はボディ内手振れ補正機能がない)問題なく使えそうですが、本来の軽量コンパクトの目的からははずれてしまいますね。

2GMP1100280-lr_r2.jpg
1.  マイコアジサイ(舞妓紫陽花)。日本原産のヤマアジサイの変種だそうです。  

2GMP1100284-lr_r2.jpg
2.  ヤマアジサイは咲いていますが、西洋アジサイはこれからでした。

続きを読む

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

tag : アジサイ ハナショウブ バラ ササユリ 百合 マクロレンズ

プロフィール

京あられ

Author:京あられ
生まれも育ちも京都の生粋の京都人の
京あられ(Twitterではkyon21)です。
京都を中心に写真を撮っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク