雪の鞍馬寺 2

鞍馬と言えば天狗。源義経は少年期に鞍馬寺に預けられ、武術を天狗から教わったと言います。これは伝説なので天狗ではなく天狗の面をつけた源氏の落ち武者かも知れませんが、当時源氏は平治の乱で負け、敗走した源氏の武士らの中には山にこもり世俗から離れて隠遁生活を送っている者もいました。鷹等を狩ってその羽を背につけ天狗の面を被り修験者の恰好で剣術等も 修行していたのかも知れません。彼らは源氏の御曹司義経の護衛兵でもあり、そういう人たちに混じって義経が修行していたと考えても不思議ではありません。
天狗の世界には大天狗や小天狗がいて、都を見下ろす愛宕山の太郎坊が全国の天狗の筆頭格とされ、北東の比叡山の次郎坊と北の鞍馬山の僧正坊(護法魔王尊)という大天狗が日本の八天狗のうちに数えたのも山に囲まれて営む都人が、その山の霊気や天狗伝説を身近に感じたからでしょうか。
天狗と言えば高い鼻を持ち、手には大きな団扇を持っている仙人っぽい姿を想像するかと思います。この姿は鞍馬寺所有の狩野元信筆「鞍馬大僧正坊図」による近代のもので、それ以前の天狗はもともと烏のような嘴と顔、羽を持った半人半鳥の妖怪に近い姿であったり、鬼のような形相の雷神や鬼神等との関連性も指摘されています。山月岡芳年の「義経鞍馬山乃図」の中では鞍馬大僧正坊らが見守る中、義経が武術の相手にしている下っ端の天狗は半人半鳥の妖怪のような姿をしています。それが烏天狗の面をつけた人間なのか、正真正銘の天狗なのかは想像に任せるしかありませんが。

IMKP4665-lr_r2.jpg
1.  本殿金堂の真ん前にある六芒星。この中心が鞍馬寺で最もパワーの強い場所だそうです。

IMKP4683-lr_r2.jpg
2.  本殿金堂の前には2体の阿吽の虎がいます。神獣の虎は御本草の一尊である毘沙門天のお使い。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 雪景
ジャンル : 写真

tag : 天狗 雪の京都 鞍馬寺 神社仏閣 下鴨神社 比叡山

雪の鞍馬寺 1

鞍馬山は古代より護法魔王尊のエネルギー(活力)に満ち、そこへ毘沙門天(光明)、千手観音菩薩(慈愛)が加わった三尊が三位一体となった宇宙の大生命「尊天」によって私たちの命は生かされていると言います。そういう意味で京都の最強パワースポットと言われることがあります。
鞍馬寺は何度も行っていますが、雪の鞍馬はこれが3度目。最初は14年ほど前でしたが、その時は叡電鞍馬駅から鞍馬寺、貴船神社、叡電貴船口駅と歩き、自宅から叡電修学院駅までの約10キロを自転車で往復というもので、今にして見れば結構ハードだったようです。
今回はと言うと、自転車で京阪の最寄り駅まで3キロ余。出町柳駅から叡電に乗り継いで鞍馬駅。駅からは鞍馬寺本殿(金堂)まで往復の歩きのみ。14年前と比べて随分楽していますが、天気が良かったあの時よりも今回は積雪が少し多かったかも知れません。それでも歳相応に身体のあちこち悪いし、滑りやすい雪道なので楽とは思っていません。不覚にも石段でつまずいて転びかけましたが、尊天のご加護もあってか無事でありました。感謝感謝! 

IMKP4565-lr_r2.jpg
1.  叡山電鉄鞍馬線二ノ瀬駅。全ての列車がこの駅で離合(列車交換)します。

IMKP4574-lr_r2.jpg
2.  終点鞍馬駅到着。駅舎は寺院の形態をしています。

続きを読む

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

tag : 雪の京都 鞍馬寺 神社仏閣 由岐神社 叡電 御神木

今朝の愛宕山

冬型の強い寒気の影響で今朝は市内でもが降りましたが、積もるほどではありませんでした。それでも自宅から見える愛宕山と周囲の山々は白く薄化粧していました。
明日は寒気が緩みそうですが、週末にはまた寒くなるらしい・・・・・

焦点距離 105mm(換算210mm)、絞り F7.1、露出時間 1/640秒 ISO感度 200

P1050518r2.jpg
  1200 x 720  上下トリミングあり

 Panasonic DMC-G8 + G X VARIO PZ 45-175mm F4.0-5.6 .POWER O.I.S

ブログランキングに参加しています。気に入って頂ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ


テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : 愛宕山 望遠 冬景色

雪の嵐山へ

で積もった15日の午後から嵐山へ。午後からとは言え、気温が低いので道のあちこちで凍った箇所が残り(特に東西の道の南側歩道は日が当たらないので要注意)滑りやすいので、自転車を阪急の最寄り駅近くのスーパーに駐輪して行きました。どうせ帰りに買い物するので。
の日は目当ての外人観光客も増えるので普段の冬よりも人が多いように思います。まわりは若い人ばかりでオジサンはわたし一人ってことも多々あります。このクソ寒い時にわざわざ出かけるオッサンは物好きなカメラマンだけでしょうね。
同日の他の写真はホームページにアップする予定です。

PKS22875-lr_r.jpg
1.   阪急桂駅で乗り換えて嵐山

PKS22876-lr_r.jpg
2.   こちらは晴れてるけど行き先は雲り空・・・・

続きを読む

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

tag : 嵐山 渓谷 冬の京都 竹林 亀山公園 阪急嵐山線

雪の朝

またが降っています。元旦の午後から降ったが今日2日の夜になっても残っているので、更に積もるかも・・・・・
今日はまた嵐山に行きました。前回は紅葉の時でしたが、今回はです。
嵐山の写真は次回アップします。

K5202778-lr-r.jpg 1.     早朝、愛宕山は朝焼けに映えていました。

K5202785-lr-r.jpg 2.     庇のつらら、市内ではなかなか見られないです。

続きを読む

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

tag : 愛宕山 嵐山 嵐電 つらら

今朝の愛宕山

冬に逆戻り、今朝(7日)の愛宕山にはも。でもお天気は良かった。
画像はトリミングしています。

K5106744lr-r.jpg
 70mm(35mmフィルム換算105mm) 

K5106749-1r.jpg
 150mm(35mmフィルム換算225mm)
肌の東側は京都市街に向いていますが、この東側は結構急峻に思えます。そんな愛宕山は昭和19年頃迄ケーブルカーがありました。それだけでなく遊園地やスキー場もあったそうです。比叡と張り合っていたのでしょうか?

景気が良く活気が良かった昭和初期の日本は、やがて世界恐慌の波にのまれて戦争へ。そして多くの物を失ってしまった。そのほんの一つが愛宕山ケーブルだっただけ。過去は捨てられ忘れ去られようが戦争の悲惨さは決して忘れてはいけない。

 PENTAX K-5 + DA55-300mm F4-5.8ED

ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ


テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

tag : 愛宕山 ケーブルカー

ブログ開設

ブログ「きまぐれ写真的な日々」から新居に引っ越しました。
引っ越しと言っても以前のブログはそのまま残しています。

新しいブログ「きまぐれ写真的な日々Ⅱ」をよろしくお願いします。

IMG_1054r.jpg
初めてブログを開設したときにアップした写真の1枚です。あれから早9年経ちました。


プロフィール

京あられ

Author:京あられ
生まれも育ちも京都の生粋の京都人の
京あられ(Twitterではkyon21)です。
京都を中心に写真を撮っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク