姫路城 其の3

姫路城本丸(備前丸)からは石垣に注目しながらの下山です。下山? 姫山(標高約46m)の上に天守閣があるので・・・・・。麓は三の丸ですね。
後日ホームページに、この日の他の写真20数枚をアップします。(11/10アップしました)

P1160776-lr_r.jpg
1.  備前門。天守閣は西のにの門から入って東にあるこの備前門
   から出ることになります。門右側の石垣を見てください。
P1160777-lr_r.jpg 2.  備前門の石棺の説明です。古墳の破壊・・・・・武家政治では許される(?)

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 石垣 黒田官兵衛 狭間 お菊井 播州皿屋敷 菱の門

姫路城 其の2

姫路城は標高90mあまり。天守閣に上がるまでに結構時間を費やするので時間にゆとりを持ちたい場所です。西の丸を省けばかなり短縮出来ますが、千姫に興味があれば外せませんね。

P1160704-lr_r.jpg 1.  屋根瓦には豊臣家の桐の家紋と、池田(輝政)家の揚羽蝶の家紋が刻まれて
   います。他に十字の紋が張った瓦があり、キリシタンだった黒田官兵衛に由来
   するとも言われています。

P1160722-lr_r.jpg 2.  大手門を入ってから1時間20分程でようやく大天守内に。西の丸建物内の展示物
    を詳しく見ていたら1時間半では納まりません。写真は東側の「との一門」付近。

続きを読む

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 天守閣 姫路城 家紋 白漆喰 石落とし

姫路城 其の1

まだ残暑が続く10月中旬に国宝姫路城を10数年ぶりに訪問。まだ暑いとはいえ清々しい秋空に恵まれました。
リニューアルオープン直後の訪問者の声は白過ぎ、という声が聞かれましたが、別名白鷺城にふさわしい白亜の城だと感じました。
姫路城の歴史は1346年の赤松貞範の築城に始まり、城主は黒田官兵衛や羽柴(豊臣)秀吉と移り変わり、現在の姫路城の華麗な姿は関ケ原の戦の後、1609年に城主池田輝政により8年かけて築かれたもの。築城600年以上、現在の姫路城も築城300年もの歴史がある名城。その間に幕末の戦や先の大戦の爆撃で焼失の危機もあったそうです。
写真が多いので3回に分け、残りをホームページに後日アップします。

P1160627-lr_r.jpg 1.  橋を渡ると大手門

P1160630-lr_r.jpg 2.  国宝と共に世界遺産でもある姫路城。戦時中の姫路は二度の空襲を受け焦土と化し
   ましたが、姫路城は焼夷弾を浴びたものの大事には至らず奇跡的に残りました。

続きを読む

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 姫路 城郭 城跡 池田輝政 千姫 黒田官兵衛

プロフィール

京あられ

Author:京あられ
生まれも育ちも京都の生粋の京都人
趣味は写真

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク