初夏の勧修寺氷室池

山科勧修寺(かじゅうじ)は醍醐天皇が開基の門跡寺院。山門に続く白壁の塀に囲まれた雰囲気や宸殿、書院の造りがその風格を漂わせています。
個人的には開放的な庭園の雰囲気が好きで、四季それぞれに花や紅葉、時には野鳥を楽しめ、初夏からは平安時代から知られる氷室には杜若、花菖蒲睡蓮、夏には蓮が咲き、本堂等周辺では紫陽花が今は見頃だと思います。

0P1190335-lr_r.jpg
1.   穏やかで癒される石仏があちこちに点在しますが、ほとんど日陰の
    暗い場所にあります。  

0P1070646-lr_r2.jpg
2.   咲き始めた紫陽花

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : 庭園 石仏 花菖蒲 睡蓮 紫陽花

初詣と祇園界隈 (2)

初詣は毎年決まった神社に行く訳でもないのですが、八坂神社にお参りした時は知恩院にお参りしないと気が済みません。むしろ知恩院がメインで八坂神社は次いでなのです。賑わう神社はちょっと苦手で写真も撮りにくいから早々と退散。

P1050155-lr_r.jpg 1.  八坂神社

P1050164-lr_r.jpg 2.  知恩院の石段

続きを読む

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

tag : 知恩院 法然上人 路地 祇園

初詣と祇園界隈 (1)

3日になってようやくの初詣初詣客で賑わう八坂神社に続く四条通の歩道は狭いので前がつかえて普段の3倍以上かかります。長蛇の列の都路里さんを横目に見ながら通り過ぎ、花見小路に入って祇園町の路地をウロチョロしてから東大路通に抜けることにしました。

P1050107-lr_r.jpg
1.  祇園町。大きな建物は歌舞練場

P1050119-lr_r.jpg
2.

続きを読む

テーマ : お散歩お出かけ写真
ジャンル : 写真

tag : 初詣 祇園 花見小路 古い町並 路地

旧三井家下鴨別邸

10月より一般公開された旧三井家下鴨別邸へ。望楼等にも上がれる紅葉期限定の特別公開期間は過ぎていたので(12月9日当日)1階のみの見学です。
下鴨神社の南、糺の森の南側、家庭裁判所に隣接する三井家の別邸は第10代三井八郎右衛門によって大正14年に建築。昭和24年に国に移譲され昭和26年に京都家庭裁判所の所長宿舎として平成19年まで使用されました。京都御苑の西にある旧有栖川邸(本ブログ記事参照)の青門はこの三井家の門を移築したものだそうです。
一度特別公開期間中に門の前を通りましたが、人が多く入場制限で待たされそうなのでスルーし、後日糺の森の紅葉を撮りに行ったこの日に入りました。後に特別公開期間中は1時間待ちとか階上からの撮影禁止だった事を知り、避けて正解でした。NHKドラマ「あさが来た」のあさの実家として脚光を浴びただけに人気でしたが、来年以降はどうでしょうか・・・・・?

PKS22712_r.jpg 1.  途中、京都御苑に立ち寄りました。

PKS22722-lr_r2.jpg 2.  京都御苑では落葉が目立ってきましたがまだ頑張っています。  825 x 550  

続きを読む

テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

tag : 楼閣 紅葉 下鴨 三井家 日本庭園 日本家屋

西本願寺の銀杏

市内の銀杏の葉はもうほとんど散りましたが11月23日夕方の西本願寺です。

P1170969-lr_r.jpg 1.

P1170971-lr_r.jpg 2.

続きを読む

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : イチョウ 西本願寺

水鳥のいる散歩道@岡崎

川から岡崎の疎水沿いを平安神宮あたりまでぶらぶら。晩秋から冬にかけて水鳥のいる散歩道が楽しい。

P1180254-lr-2_r.jpg 1.  

P1180259_r.jpg 2.

続きを読む

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 岡崎 琵琶湖疎水 キンクロハジロ ヒドリガモ 夷川水力発電所

京都西陣の空襲

京都は空襲がなかったように思われていますが、昭和20年前半に数件の爆撃があったとされ、合計132人の空襲による死者が出ています。
昭和20年6月26日朝、一機のB29が京都市街上空に現れ、西陣の智恵光院出水通付近周辺に7発の爆弾が落としました。死傷者は少なくとも109人、京都では最も被害が大きかったそうです。他にも同年1月16日に東山区の馬町にも爆弾が落とされ、この時も多くの死傷者を出しました。
以下の写真(1、2、5、6)はその落とされた場所付近に住む、とある個人宅の軒先に写真資料として展示されている物です。お家の当主が多くの人に伝えたい意思が明確に見てとれるので、その家の方の許可は取っていません。

P1160067-lr_r.jpg 1.  1170 x 780  当時の京都新聞。戦時中の一貫した時の政府による情報統制が見てとれます。被害の状況よりも市民の迅速で正確な行動により助かった家族をクローズアップして被害は軽微という印象を与え、市民の動揺と不安を押さえ、団結と行動を呼びかけるものとなっています。おそらく朝日や読売等の全国紙には京都が爆撃されたことすら記事にされなかったのではないでしょうか。

P1160072-lr_r.jpg
2.  1トン爆弾の写真。西陣に投下されたものと同型かどうかはこの資料
   ではわかりませんでした。

続きを読む

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

tag : 空襲 爆弾 戦争 西陣 B29 原爆

西陣界隈駆け足巡り

自転車で西陣界隈を散策。ただしいつも行くところ同じようなので目新しい場所の写真はほとんどありません。
実は西陣は戦時中米軍の爆撃を受けた場所です。死傷者も出しているのですが、そのうち記事にするつもりです。
ところで、西陣ってどこからどこまでの地域かと言うことなのですが、西陣と言う地名がないので明確な物はありません。おおよそ、北は鞍馬口通、南は中立売通、東は室町通、西は千本通の一辺約1キロメートルと言うのが一般的な解釈みたいです。ただし広くは西は西大路通、南は丸太町通あたり迄、そう呼ぶことがあります。西陣空襲と呼ばれる投下場所も中立売通より南ですから。

1P1150949-lr_r.jpg
1.  昭和の遺物。下立売猪熊付近ですが西陣と言っても良いかと・・・・

1P1160066-lr_r.jpg 2.  町家を改修してゲストハウスにしたらしい。空き家になった町家の再利用と京都の
   宿不足解消の一石二鳥?  出水浄福寺付近

続きを読む

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

tag : 西陣 浄福寺通 晴明神社 妙蓮寺 岩上神社

有栖川宮旧邸見学 2

庭からは下立売通に面した南向かいの平安女学院の校舎が少し見えるのですが、工事用のシートで被われていました。耐震工事との事。校舎の教室には2度珠算検定試験(高校が商業科だったもので)で入ったことがありますが、はるか昔の事なので全く覚えていません。検定試験のことで頭いっぱいで余裕などなかったのでしょうね。男子校生徒が女子高の教室に入れるせっかくのチャンスだったのに女子に声をかけられない。何ともウブで、つまらない高校生活を送ったもんだと今更ながら思いますね。試験は1級を目指していましたが日商2級合格が関の山でした。あれから算盤使うこともほとんどなく、すっかり遠ざかった今、試してみると指が全く動きまへん。「ダメだ、こりゃ」
今さらながらの算盤ですが、ボケずに90歳で人生を全うした祖父は晩年も算盤使っていたので、歳とってから使うのはボケ防止に役立つかも知れませんね。あれれ、一体何の話してるのやら(笑)

P1160029-lr_r.jpg 1   飛び石は聖アグネス教会聖堂(9以降の写真)の方向に敷かれているようです。

P1160031-lr_r.jpg 2.

続きを読む

テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

tag : 日本庭園 有栖川宮 小川治兵衛 平安女学院

有栖川宮旧邸見学 1

「京の夏の旅」キャンペーンの文化財特別公開が各地で行なわており、その中の一つ、平安女学院大学有栖館(有栖川宮旧邸)に行ってみました。
1625年後陽成天皇の第7皇子好仁親王により創設された高松宮を1672年に有栖川宮と改称したのが始まり。御所の建礼門前に邸がありました。しかし跡継ぎの男子がなく、1923年有栖川威仁妃慰子内親王の薨去により約300年の系譜が途絶え、建物は京都裁判所の仮庁舎等に使用されました。後に、現在の烏丸下立売の民有地を買い上げ、京都地方裁判所の所長宿舎の一部として移築、2007年まで利用され、現在は平安女学院により保存されています。
ところで、かつて有栖川宮を名乗り、偽の結婚披露宴を開いて祝儀金を集める詐欺事件があったのを憶えておられるでしょうか? 13年前の2003年の事です。あの詐欺事件で有栖川宮家の名を初めて知りました。
有栖川宮の元祖は高松宮なので絶家の翌年1924年(大正13年)、大正天皇第3皇子宣仁親皇(当時8歳)に高松宮の称号を与えられました。高松宮家が有栖川宮の忌祭、財産を受け継がれることになりましたが、不運にも子供がなく跡継ぎがないので、1987年に宣仁親皇、2004年に宣仁親皇の夫人喜久子内親王(有栖川美枝子妃の子)の薨去をもって高松宮家が廃され有栖川宮家を継ぐ事もなくなりました。有栖川宮家は男子が亡くなる等で跡継ぎに恵まれず、長女の喜久子内親王も当時の皇室典範の下では養子縁組を迎えることが出来ませんでした。そこで高松宮に嫁ぎ、両家の血筋を残す可能性があったのですが、不運にも子供が出来ず両家とも廃絶される運命になりました。

P1160007-lr_r.jpg 1.   京都御苑の百日紅。有栖川邸跡地にも近かったかと・・・・

P1160044-lr_r.jpg 2.   有栖川宮旧邸の銅板と真鍮板で葺かれた門(写真右側)を入った右手に2本の枝垂
     れ桜がありますが、秀吉が醍醐の花見をした当時の桜の子孫であることがDNA分
     析で判明しているそうです。

続きを読む

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

tag : 日本庭園 有栖川宮 小川治兵衛 平安女学院 醍醐桜

プロフィール

京あられ

Author:京あられ
生まれも育ちも京都の生粋の京都人
趣味は写真

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク