2016びわ湖大花火大会 その2

今回初めてGX7でリモコンスイッチ(ケーブルレリーズ)を使いましたが、気をつけたい事がふたつあります。
一つはGX7のシャッター半押しレリーズ機能がOFFだとリモコンのシャッターロック(ホールド)機能が効きません。リモコンがパナの純正品でない(純正品は高いので)からかも知れませんが、これに気づかず使っていたので不良品かな?と思っていました。取説には記載が見当たらなかったので、普段シャッター半押しでAFをロックしてから撮影している人は気をつけたい点です。PENTAXのカメラ用に使っているリモコンでは半押し機能がなく、シャッターロックとの関連など意識することがないので尚更です。
あと一つは電子シャッターモードだとバルブ(B)撮影が出来ません。取説には記載がありますが、撮影モードの設定で電子シャッターONの場合は事前にOFFに戻しておかなければなりません。GX7にはドライブモードの選択項目の中にリモコンがないので、いちいち設定を確認しておかなければなりません。設定によってはリモコンが使えなかったり、制限があるというのなら、ドライブモードにリモコンの選択項目を加え、自動的に設定変更してくれるようにして欲しいものです。それが出来ないなら設定変更を促すメッセージを表示させるべきだと思いますね。

花火の画像ですが、前回と合わせた31枚の画像のうち比較明(コンポジット)合成の画像が6枚あります。比較明(コンポジット)合成は背景が暗く被写体が明るい複数の画像の中から、背景の暗い部分はそのままに各画像の同じ部分の明るさを比較して最も明るい部分を抽出し合成する方法です。そう言われても・・・・・?ですね。次回あたりその方法を花火の画像を使って書いてみようと思います。
びわ湖花火大会の画像は後日Kyouarare PHOTOにもアップします。

P1150515-lr_r.jpg 1.     ハートマークのお出まし

P1150517-lr_r.jpg 2.

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 花火 琵琶湖 夜景 大津 GX7 バルブ撮影 シャッターリモコン

2016びわ湖大花火大会 その1

今年も熱い夏、花火の季節がやってきました。
PL花火を見に行こうかな・・・・と考えていましたが、いまひとつ踏ん切りがつかないまま時は流れて、昨年も行った琵琶湖花火大会に行くことに決めました。まあ、それだけ琵琶湖花火は毎回見ても飽きない、ワンダフルという事なのです。
話は変わって、今年も宇治の花火大会は開催場所に安全上の問題があるとして休止になりました。代わりの場所を探しているようなのですが、思うようには見つからないそうです。狭い宇治市内に限定すれば難しいでしょう。見る方としては別に宇治市でなくても京都市内なら・・・・と思うのですが、それは京都市が名乗りを上げない限り実現不可能で、そこまで京都市が考えているとは思えません。
まあ、京都市や宇治の花火大会がなくてもお隣滋賀琵琶湖や大阪の淀川花火大会、亀岡、南丹町のローカルな大会も特に遠いという程でもないので、なくても別に構わないのですが。
前置きはこのくらいにして、今回は当方の凡ミスで三脚の雲台が使えないという事態になりました。前々回に説明しているので理由は省略しますが、幸いにも三脚本体の雲台取り付けネジがカメラの底面ネジ穴に合うので、カメラを取り付けることは出来ますが、カメラの角度を変えるにはそれぞれの三脚の伸縮と開閉角度で調整するという、とても面倒な作業が必要になります。しかも花火の場合はカメラを空に向けて仰ぐので安定性、バランスを失いやすく手で支えなければなりません。当然ブレが発生しやすくなります。この日は風も結構ありました。幸い、ある程度までのカメラブレは花火の写りに目立った影響はなさそうでした。ただし花火の背景の夜景も重視するならアウトです。
画像は全てトリミングしています。

P1150318-lr_r.jpg 1.

P1150332-lr_r.jpg 2.

P1150348-lr_r.jpg 3.

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 花火 琵琶湖 滋賀 びわ湖花火大会 夜景 大津 GX7

今年もびわ湖大花火大会に行きました

今年もまた大津で開催される「びわ湖花火大会」に行ってきました。
一番よく行っている花火大会なので、攻略法はある程度心得ているつもりですが、今年は大チョンボ。三脚本体にクイックシューが一体になった雲台を取り付けているのですが、その場合カメラにはそのクイックシューに対応したアダプターを取り付ける必要があります。ところがそのアダプターをカメラに取り付けるのを忘れて出かけてしまったので暑さからではない別の汗が・・・・。
当然その雲台は使えないので、はずして三脚本体の雲台接続ネジにカメラを直接取り付ける羽目になります。これだとカメラを上下に振るには三脚の基本的な使い方を逸脱して三脚を傾けるしかありません。水平方向に振るにはエレベーターの固定ハンドルを緩めてエレベーターを回せば良いので少し使い勝手が悪いだけで済みますが、上下に振るにはバランスやブレの問題が立ちはだかります。被写体が花火なのでカメラを上に傾けなければならないことが多いので、それだと三脚を倒れないように手で支える必要があります。当然ブレに関わります。角度を変えるにもそれぞれの脚の長さをバランス、左右の傾きを見ながら調整しなければならず、撮影が集中しづらい状況でした。
そんな訳で、花火そのものの写りには大きな影響はなかったものの、背景の建物等にブレが見られる物が多く、花火の風景写真として見た場合は失格です。
取りあえず今日は3枚だけ・・・・・最近購入した新レンズ(12-60mm)を使用しました。

P1150276-lr_r.jpg 1.

P1150320-lr_r.jpg 2.

P1150324-lr_r.jpg 3.

 Panasonic DMC-GX7 + G VARIO 12-60mm F3.5-5.6

ブログランキングに参加しています。気に入って頂ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 花火大会 びわ湖 大津 花火 夜景 夕景

2015びわ湖大花火大会 2

2年前の福知山花火大会の露店爆発事故以来、京都は福知山と宇治の花火大会が昨年に続き今年も中止。その意味では京都に近いびわ湖花火は有難い存在です。
刺激と感動を求めて人は花火を見に行きます。近年は迫力だけでなく色がカラフルで美しく、演出効果に凝った花火もあって昔より楽しくなっています。しかし残念なのはマナー。終わった後の散らかったゴミを見る度にいつも残念に思います。美しい花火に感動する心があればゴミを置き去る気持ちにはなれないはず。ゴミを残す者に花火を見る資格はありません。
今回のびわ湖花火の他の写真をKyouararePHOTOに掲載予定です。併せてご高覧ください。

K5208536-lr_r.jpg
1.

K5208540-lr_r.jpg
2.     カラフル!

K5208546-lr_r.jpg
3.

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : びわ湖花火 大津 滋賀 花火大会

2015びわ湖大花火大会 1

夏は花火を撮らないと物足りないので、今年は4年振りにびわ湖花火大会に行ってきました。
ただ着いたのが遅かったので良い場所がなく、2か所の打ち上げ台のうちメインの大津港側は撮影場所から遠く、しかもほとんど横から見る形となり、花火の広がりや立体感は望めませんでした。

K5208409-lr_r.jpg 1.     北の空に入道雲

K5208428r.jpg 2.     打ち上げ方向の空と比叡山のシルエット

K5208438-lr_r.jpg 3.     鴨が一羽

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : びわ湖 花火大会 大津

ホームページに京都南丹花火大会の画像と動画UP

★お知らせ
花火の画像と動画ホームページにアップしました。動画のほうは最後のフィナーレ1分間をアップしました。
該当ページの一部分
   ↓   ↓
----------------------------------------------------------------------------------------------------
pcscreen01.jpg
----------------------------------------------------------------------------------------------------
大きなサイズのほうは期間限定です。夏限定になるかも知れません。←(言っている本人が忘れていたりして)

追加の画像
K5109123r.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ : 花火の写真
ジャンル : 写真

tag : 花火 K-5 動画 南丹市 八木町

第68回京都南丹市花火大会(2)

前回行った神戸港の花火は動画がメインでしたが今回は静止画がメインです。それでも最後のフィナーレ直前から数分間動画で撮ってみました。でも動画はやはりGX7のほうが良いです。それと言うのもK-5では明るすぎる被写体があっても周囲の暗い部分に露出が引っ張られる傾向があり白とびが出やすいのです。静止画なら露出補正すればいいのですがK-5
では動画の露出補正の幅が小さく(K-5は±2、GX-3は±3)、前述の傾向を補正して白とびを避けることが出来ないのが致命的です。その為にフィナーレの前に点火されたナイアガラが真っ白く写ってしまいユーチューブへの公開を見送ることになってしまいました。音声もモノラルなのでやはり動画はGX7にお任せしたほうが良いようです。

K5109143r.jpg 1.

K5109147lr-r.jpg 2.

K5109148r.jpg
3.

続きを読む

テーマ : 花火の写真
ジャンル : 写真

tag : K-5 花火大会 八木町 南丹市 花火撮影

第68回京都南丹市花火大会(1)

14日、恒例の南丹市花火大会がは開催されました。旧名「やぎの花火大会」として地元では古くから親しまれ過去67回を数える歴史ある花火大会です。
開催地の八木町南丹市の最南端に位置し、京都駅から山陰本線で約35分と案外近く、臨時電車も2本出ます。駅からも徒歩約10分と近いです。京都市内の地域によっては宇治へ行くよりも早く、嵯峨嵐山駅からだと20分ほどなので嵐山で午後ゆっくり遊んでから花火見物を楽しむことも出来ます。橋のある場所より下流だと迫力ある花火を見ることが可能です。ただし正面から見るには早い目に来て500円(小学生以下無料)のパスポートバッジを購入しなければなりません。また午後7時以降は進入や歩行禁止の場所があるので注意が必要です。詳しくは下記HPへ。
http://www.yagi-hanabi.com/
京都府の花火大会と言えば今年台風で中止になった宇治川花火が一番有名ですが、他には昨年花火大会で露店の爆発事故があった福知山(今年は中止)や亀岡、綾部、宮津、舞鶴、そしてこの南丹市と言うように丹波、丹後地方に集まっているのが興味深いです。京都市は条例が厳しいので市内の花火大会は難しいのでしょうが、京都府南部の花火大会も宇治以外は皆無です。宇治川花火を楽しみにしていた京都市民の花火ファンが殺到するのかなあ?と思っていましたが例年通りの人出だったようです。
今回撮影した場所は正面でなく下流側でしたが、それでも打ち上げ場所が近いので迫力あって存分に楽しめました。
レンズは使用した24mm広角からの標準ズームが無難ですが、超広角レンズがもう1本あればベストでした。でも花火のススが気になる(2回程度の交換では済まない)のと、レンズ交換のタイミング等が難しそうなので持ち腐れになりそう。
画像はほとんどトリミングしています。

K5109087-r.jpg
1.

K5109092r.jpg 2.

K5109095lr-r.jpg
3.

続きを読む

テーマ : 花火の写真
ジャンル : 写真

tag : K-5 花火大会 八木町 南丹市

プロフィール

京あられ

Author:京あられ
生まれも育ちも京都の生粋の京都人
趣味は写真

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク