大津祭曳山巡行2017 その弐

大津祭は祭りの規模や曳山の大きさこそ祇園祭とは異なりますがその絢爛豪華な曳山はひけをとりません。胴懸けや見送幕などの懸装品の本物は希少価値が高く複製品を使っているのは祇園祭と同じですが、保存されている本物の中には重要文化財もあるし、出処が同じ物もある価値の高い物ばかりです。
少し残念なのはお囃子。祇園祭の山鉾は演奏がきっちり鳴らされ、抑揚や間を取るタイミングと掛け声がしっかり表現され格調さえ感じますが、こちらの方は山にもよるのか、やや単調で抑揚が少なく物足りなさを感じます。基本は同じなのでしょうが祇園囃子の音に慣れていると差を感じると思います。
祇園祭の絡繰り(からくり)は蟷螂山等3基のみですが、大津祭は13基全ての山に絡繰りがあり、曳山の所属する各町の所望(絡繰りを行う事)場所で披露するようです。おそらく1日だけではどんなに頑張っても全ての絡繰りの動作を見ることは難しいと思います。それと前回も書いたように粽が曳山から撒かれるのも今では珍しい光景です。昔は祇園祭等全国でも見られたようですが調べても現在やっている他所の祭りは見当たりませんでした。安全優先は仕方ないです。事故が起これば祭りが中止されることもあり得ますから。
撮影に関して言えば祇園祭は心身共に苦手な夏なので撮影の機動力が失われるのに対し、こちらは気候の良い秋なのでフットワークが全然違います。祇園祭は撮影ポイントでは違う角度から撮りたくても人や交通規制で身動きがとれない事が多く、同じようなショットに陥ってしまいがちなので、飽きてしまいます。ブログにアップする写真が同じ場所から撮った物ばかりだと背景も似たようなもの、それでは見ている方も飽きますよね。
本タイトルの「その壱」を含め撮影順に並べています。その為、「その壱」と「その弐」を通して同じ曳山の写真がばらばらに登場したりで、曳山毎にまとめた物ではないのでわかりにくいかと思います。大津祭と曳山について詳しく知りたい方は大津祭を紹介している「大津祭曳山連盟」をご覧ください。 http://www.otsu-matsuri.jp/home/

G8P1100147-lr_r2.jpg
1.  月宮殿山の見返り幕。これは複元新調された物で、本物はベルギー製で重要文化財

G8P1100154-lr_r2.jpg
2.  湯立山。曳山は13基中最古で1628年頃に作られたそうです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 曳山 大津 秋祭 路面電車 からくり人形 囃子 山車 見送り

大津祭曳山巡行2017 その壱

大津と言えば日本最大の湖・琵琶湖の南端にして京阪神からの玄関口。都に近い事もあり、史跡・旧跡が多く、日本仏教の母と言われる比叡山延暦寺の多くの寺域は大津市内にあります。
都に近いので、大津祭も神社(大津祭は天孫神社の例祭)や祭神は違えど祇園祭の影響が見られます。その例が豪華な懸装品や彫刻が施された曳山であり、粽の授与です。
曳山が出る祭は全国に数多くありますが、何と言っても江戸時代に作られた13基もの豪華な曳山と、それぞれに古くからのからくり人形等が使われていることは特筆に値し、飛騨の高山祭り以外に知りません。琵琶湖を利用した水運、東海道や中山道といった東西の交通の要衝であることから経済的にも発展して近江の国が潤っていた証拠です。
粽は曳山から見物客に撒く、かつて京都の祇園祭や他の祇園祭でも見られた習わしが残されていて珍しいです。
曳山巡行は大通り以外の車を通さない道路では歩行規制が緩く、商店街や住宅地では曳山の後ろについて見物客は歩くことも可能なので、粽を求める見物客と曳山との掛け合い等和気あいあいとしたお祭風景が見られ、物々しく規制された中を整然と行なわれる祇園祭山鉾巡行とは違ったローカルな祭りの良さが感じられました。
今回の画像は動画からのカット場面も含んでいます。

G8P1100006_v_r2.jpg
1.  西王母山(せいおうぼざん)。通称桃山と呼ばれ、桃が割れて桃太郎が扇子を開いて枝を
   渡って舞う絡繰り(からくり)になっています。次回は是非見てみたい・・・・

G8P1100019_v1_r.jpg
2.  13基の曳山の車輪は前輪1輪、後輪2輪の三輪。前輪を持ち上げて引っ張り、方向転
   換させます。(動画のワンカットより。後日動画をアップ予定です)

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 大津祭 曳山 伝統行事 祇園祭 滋賀 天孫神社 からくり人形

マクロレンズで植物園の秋探し

10月になってめっきり秋らしくなってきたと思ったら、急に夏へUターンの変なお天気が続いて今日の京都は30度に達しました。この時期としては異常な暑さ。もっとも、明後日からは一気に気温が下がるらしいので気をつけないと。
先週末ですがマクロレンズを付けて植物園の初秋を写真散歩しました。文字通り散歩しながら写真を撮る、写真撮りながら散歩する(どっちゃでもいいんですが)のがスタイルなので、日頃の運動不足を補うにはカメラは良い相棒です。その為には機材の軽さが基本。何も写真コンテストを目指している訳ではないので重く高級なカメラやレンズは個人的には不必要だし、あった所で持ち出すのが億劫になり持て余すのは目に見えています。

IMKP3395-lr_r.jpg
1.  ソライロアサガオ。アサガオは夏のイメージだけど、このアサガオは9月に咲く。

IMKP3401-lr_r2.jpg
2.  ホトトギスの花とつぼみ

続きを読む

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

tag : アサギマダラ マユタテアカネ ホトトギス クササンタンカ ペンタス フジバカマ ソライロアサガオ ムラサキバレンギク

梅小路公園で中秋の名月をパシャ

昨晩はお天気で中秋の名月が見られましたが、みなさんはご覧になられましたか?
私はほぼ真南に月が見える頃に合わせて梅小路公園に出かけて写真を撮りました。薄雲がかかって真南の時刻には撮れませんでしたが、薄雲のおかげで月明りの彩雲を見ることが出来たので良かったです。
1枚のRAWファイルをLightRoomで設定を変えて現像した2枚の画像です。後の画像はややアンダーより、コントラストを強めにしています。画像のクリックで少し拡大します。手持ち撮影ですが、満月は十分明るいのでこの倍率ならISO感度を上げなくても、明るいレンズでなくても三脚無しで大丈夫のようです。

撮影時刻 22:54   焦点距離 300mm(換算450mm)
絞り値 f/8  シャッタースピード 1/250秒  ISO感度 100 

IMKP3517-lr_01r3.jpg
1.  実はこの4日の中秋の名月満月ではありません。満月は6日なのです。

IMKP3517-lr-2_r3.jpg
2.  だから見逃した方は6日・・・・あれれ、明日は北海道や一部の東北を除き全国的にお天気
   が悪くなるようですね。すでに今も曇り空でおぼろ月。

IMKP3518-lr_r2.jpg
3.  月明かりに雲が照らされて彩雲現象が・・・・ラッキー(^^♪

 PENTAX K-S2 + DA55-300mm F4-5.8 ED PLM WR

ブログランキングに参加しています。気に入って頂ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ


テーマ : 月の写真
ジャンル : 写真

tag : 中秋の名月 満月 月面 観月 クレーター 望遠

チャリ散歩 鴨川~下賀茂神社

チャリンコでお決まりの散歩コースの一つでもある京都御苑を経由しての鴨川河川敷。午後遅くから、鴨川から下鴨神社を目指しました。7と8以外は望遠ズーム55-300mmで撮っています。7と8はスマホです。

IMKP3323-lr_r2.jpg
1.  京都御苑傍の梨木神社へ。は見頃を過ぎていました。

IMKP3347-lr_r2.jpg
2.

続きを読む

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : アオサギ 下鴨神社 フジバカマ

プロフィール

京あられ

Author:京あられ
生まれも育ちも京都の生粋の京都人
趣味は写真

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク